フォト
無料ブログはココログ

家具&木工検索エンジン

家具組立・分解・再組立の代行

イケアの通販

« 1)PAXシリーズ | トップページ | 3)Billy書棚シリーズ »

2017年3月30日 (木)

2)Brimnes ディベッド

 このBrimnesシリーズにはたくさんの種類があります。チェスト各種、ドレッサー、ワードロープ、ベッド、そして今回のディベッド。これだけ幅広い商品群をそろえるという事はイケアとしてもかなり大切に思っている主力商品なのでしょう。機能的には欲張っている意欲的商品ですが、細かい問題も多いので、「消極的なお勧め商品」と言ったところでしょうか。
写真(1)ダブルベッド時
Brimnes_db1
 デザインはスタンダードですが多少のお洒落さとシンプルさがあります。その中でこのディベッドは、シングルベッド、ダブルベッド、ちょっと苦しいけどソファーがわりにも変身可能で、2つの大きな引き出し付きとかなり欲張った商品です。
 同様の商品としてはFekkeやHemnesがありますが、背もたれやヘッド・フット(=アーム)のデザインが異なるだけで、基本的なアイデアは共通しています。Brimnesはこの3種類の中では一番おとなしいデザインで、背もたれやヘッド・フット(=アーム)が低いので、「ソファーがわり」という触れ込みはやや苦しいところがあります。ただそのために狭い部屋などで壁際に押し付けて使う場合などはダブルベッド状態でも奥のマットレスへの出入りが楽という長所にもなっています。
 組立は難しくはありませんが、部品が多いので、時間はかかります。スノコの取り付けレールとねじの上下に注意。分解・再組立も出来ます。ただし引き出しのレールには引出取り外し時かなり無理がかかるので、中身は出して、取り扱いは丁寧に。
写真(2)大型の引き出しが2つついています。
Brimnes_db3
お勧めのポイント
1)
売り物の「機能」の多さ。
2)
上記のように壁際にダブルベッドとして置きやすい事。同じシリーズに引き出しが両サイドに合計4つついた普通のダブルベッドもあるのですが、壁に押し付けて使うと、奥側の2つの引き出しは使えず無駄になってしまう。
3)
3種のディベッドの中では一番おとなしいデザインで、いろいろなインテリアに合わせるのが楽。
写真(3)シングルベッドとして使用時
Brimnes_db2
注意しなければならないポイント
1)
フレームの内法がマットレス寸法ギリギリで、シーツを巻き込むベッドメイクには苦労します。幅、奥行きとも、あと1cm弱広ければ良いのですが。
2)
ダブルベッドとして使いやすいと書きましたが、あくまで上記3種の中での事。奥のマットレスへの出入り時、ヘッド・フット(=アーム)の前上の角に足をぶつけて「痛い!」可能性は残ります。かと言ってソファベッドのアームや、背としては低すぎます。
3)
ディベッド3種に共通の問題点ですが、マットレス下のスノコ状のボトム、しばしばきしんだ音がでます。ボトムのスノコの構造から来る問題なので仕方ないのですが。フレームとボトムの結合部、クッション材等挟めば多少おさまりますが、出来れば最初から解決しておいてほしかった。また床の凹凸に外側フレームのプラスチック脚と内側(手前側)フレームのキャスターの高さがなじまなくてきしむ事もあります。
4)
厚みの厚いスプリングマットレスはデザイン的に使いにくい。(はっきり言ってヘン。)そのためウレタンマットレスを使うしかない。特にシングルベッドとして使用時にマットレス2枚を重ねるのはスプリングマットレスでは無理。折角ダブルにもなるディベッドを買うのですから、普段はシングルでもマットレスはダブル分の2枚買われる方も多いでしょう。
写真(3)ではウレタンマットレス1枚にシーツパッドをメイクした状態なので問題なく見えますが。
5)
お引っ越しの場合はかなりの確率で分解が必要です。組立説明図や工具等は取っておきましょう。

« 1)PAXシリーズ | トップページ | 3)Billy書棚シリーズ »

ベッド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2488503/70098697

この記事へのトラックバック一覧です: 2)Brimnes ディベッド:

» 椅子(スツール)-01 [20世紀前半のスウェーデン家具]
椅子の最初は2回にわたり背もたれの無いスツールを取り上げます。最も単純でいろいろ [続きを読む]

« 1)PAXシリーズ | トップページ | 3)Billy書棚シリーズ »