リビング

2017年6月15日 (木)

13)Bestå(ベストー)システムユニット

 おそらくイケアで最も多い組み合わせのバリエーションを持ったシリーズです。リビングルーム、SOHO、その他の部屋にも何らかの形で入る事の出来るシリーズなので、イケアの売り場に占める面積もかなり大きくなっています。
写真(1)使用例
Besta20154_3
サイトのキャッチコピーをコピペすると次のように書かれています。
『BESTÅ/ベストー リビングルーム収納システムはリビングルームに必要なものをすべて整理整頓できるスタイリッシュなソリューション。イケアのおすすめのコンビネーションから選ぶこともできますが、BESTÅ/ベストー 収納プランナー を使って自分だけのオリジナルコンビネーションをデザインすることもできます。照明や引き出しの仕切りを使って、きれいな整理整頓を実現できます。家族が増えたり、最新のDVDをシリーズでまとめ買いしたりして収納するものが増えても、BESTÅ/ベストーなら、あとからユニットを追加できるので安心です。』
写真(2)使用例
Besta20134
右上のガラスドア付き棚は壁へ直接取り付けるタイプです。(注:後記)
お勧めのポイント
1) 機能的で仕上げがきれいなデザイン。
2) 組立は比較的簡単
これだけで良くできたシステムである事が分かります。でも、いろいろな家庭で組立等手伝った経験から、細かい点にかなり気になるところも多く、商品の美しさにほれ込んで買われる前に、ぜひご一考ください。
注意しなければならないポイント
1) 比較的小型のユニットの組み合わせで出来た商品です。合計するとイケアの商品としてはかなり高価格になる可能性があります。
2) ドアの引手はチョイスできますが、ノブタイプや大きさの違うハンドルタイプがあるため、固定用のネジ穴は扉に付いていませんのでドリル等が必要な場合があります。
3) このためプッシュオープンタイプを積極的に使っています。しかしこのプッシュオープン金具、私は嫌いです。ドアはすべてプッシュするために少し浮いた状態で取り付けられる事になります。またその隙間調整はかなり微妙で手間がかかりますし、時間が来ると再調整する必要が起きる場合も結構あります。
写真(3)ヒンジとプッシュオープン金具
Bestahingecatch_2
4) 側板の内部奥行きが棚板の奥行きより大きくなっています。扉を付けて棚が見えなくなる場合は通常の棚受けピンを使いますが、この場合、棚と扉の間に隙間が空き、棚と裏板の間には隙間ができません。しかし棚板が外から見える位置に付け、その下側に扉を付ける場合、つまり棚板が扉部の天板の役目をする場合はこれでは棚と扉の間に隙間が出来てみっともなくなるので、「特別な付属の金具」を使い、棚の位置を前にずらし扉との隙間をなくします。この場合は棚板と裏板の間に目立ちませんが隙間が出来ます。イケアとしてはこの隙間はコード等の配線用の空間として使えるので機能的と言いたいのでしょう。その是非はともかく、この「特別な付属の金具」が商品のレベルからするとあまりにもお粗末すぎます。ペラペラの金属板で取り付け時無理をするとすぐに変形してしまいます。
写真(4)棚と扉部の図
Bestashelf
5) イケアはこのシリーズの展開に、壁に直接キャビネットを取り付ける「吊り棚」方式を積極的に進めています。サイトの写真や売り場のディスプレイで。例)上記写真(2)の右側の吊り棚。
でもほとんどの日本の家屋は現在ヤワな耐火ボードを壁に使っており、この固定が大変。せっかく自分で組み立ててもこの取り付けは工務店に頼まなければならないことが多いのです。勿論素人にも取り付けられるよう、良く考えられた壁面取り付け用レールなどもオプションであるのですが、基本的な壁材料の問題は解決できません。ボード用アンカーを正確に取り付けるのは結構大変です。前もって取り付け用の壁にコンパネ等を使っておけば良いのでしょうが、それが出来るお宅は限られています。イケアの組立サービスの場合、新築の場合日にち調整が難しいのが問題になります。いずれにしても取り付けは大変です。扉や内部アクセサリーを含めると、重量はかなり大きくなり、壁にかかる負荷がかなり大きいのです。
6) 最近あまり見かけませんが以前はスライドドアをかなり積極的に使っていました。しかしこの金具も非常にデリケートであまり関心しませんでした。PAXのスライドドアは本格的でしたが、こちらは「思い付き」的な構造でした。
写真(5)単品的な扱いのハイキャビネット
Besta0350782
こちらはお勧めできます。

7) ただし上写真は2連連結での写真ですので、思ったより値段は上がります。またこのキャビネットには小さなアジャスターが付いており高さを調節できるのですが、床の状態によっては引き出しやドアの下端が調整しても床を擦ってしまう事があります。特にカーペット床の場合は擦ることが多く、別売りの脚が必要になる可能性があります。この場合すべて組み立てた後の脚取り付けで取り付けが面倒ですし、デザインもかなり変わってしまいます。要注意です。
写真(6)上のキャビネットの引き出し部。仕上げがきれいです。
Besta591415
引き出し部の金具は良くできています。

2017年4月 5日 (水)

4)KlippanソファとNorsborgソファ

 イケアのソファー、種類は多いのですが、割と書きづらい商品です。中でこの2点を選んだのは、ともに多分日本を意識した特殊サイズ「2人掛けコンパクトソファ」を後から追加していることです。
 イケアでは日本の狭いリビングに合うしかもボリューム感のあるソファーが少なく、売れ筋とは言いにくい状態でした。小ぶりのソファーも無いことはないのですが、スチール等のフレームや細い木製フレーム主体の軽快な2人用椅子的なものが多く、いわゆる「ソファ」の需要には応えられていなかったのです。そこで従来の2人掛けソファーの特に「幅寸法」をつめた、ヨーロッパ基準でいわば「1.5人掛け」ソファーを後から出してきたのです。
写真(1)Klippan 2人掛けソファ
Klippan01
 ではまずKlippanから。このソファー、IKEA Swedenで長年デザイナーをされていた中村昇さんの1980年代初めからの長寿デザインです。その頃では珍しかったカバーリング方式とシンプルなデザインで、長年愛されてきた商品です。
 従来の2人掛けの寸法は幅177cmですが、一方のコンパクトソファは幅 138cmとほぼ40cm幅が狭くなっています。他の寸法は1cmくらいの差で、おそらく採寸時の誤差もあるでしょうからほぼ同じです。張り地は2人掛けもコンパクトソファも非常にたくさんのコレクションから選べます。
写真(2) Klippan 2人掛けコンパクトソファ:かなり小さくなったのが分かります。
Klippan02
========================================
写真(3)Norsborg 2人掛けソファ
Norsborg01
 一方のNorsborgの場合は従来の2人掛け153cm、コンパクトソファ133cmと約20cmの違いで、座高が43cmから41cmと2cm下がっています。これは靴を脱ぐ生活を想定して意識的に下げたのでしょう。Klippanの場合は差が1cm程度なので、果たして意識的かどうか分かりません。張り地は2人掛けはいろいろ選べますが、コンパクトソファはあまり選べません。
写真(4)Norsborg 2人掛けコンパクトソファ:アームが高いのが目立ちます。
Norsborg02
このそれぞれの「コンパクト化の方法」の違いは、もともとの2人掛けの寸法とデザインから来ているのでしょう。いろいろ考えられますが興味深いところです。
========================================
Klippanソファーのお勧めのポイント
1)
超シンプルなデザインで張地も種類が多い。布地には派手なものも多いので、部屋に置いたときのインパクトが強い。個性的なインテリア向き。
写真(5)Klippan 派手な張地の例
  Klippan03
2)
2人掛けは寝やすい。
3)
特に2人掛けは詰めれば3人座れる。
4)
カバーリングは単純で、カバーの脱着は比較的簡単です。
Klippanソファーの注意しなければならないポイント
1)
背の高さがアームと同じなので、ゆったりリラックスして腰かけるのは無理。
2)
2人掛けソファは部屋に入れると思ったより大きいので、配置プランに注意が必要。
3)
ソファーの下は掃除しにくい。
========================================
Norsborgソファーのお勧めのポイント
1)
スタンダードなデザインなので置く部屋を選ばない。
2)
背中のクッションの当たりはゆったりしている。通常の2人掛けもあまり大きくないので狭い部屋でも使いやすい。
3)
アームのサイドにマガジン用ポケット付き。
写真(6)Norsborgアーム横ポケット
  Norsborg03
Norsborgソファーの注意しなければならないポイント
1)
クッションが分かれているので、掃除は丹念にする必要がある。物を落とした時隙間に潜りやすい。
2)
座った時アームの高さがやや高すぎて邪魔に感じる。
3)
長所としてあげたアームサイドのポケット、使わない人には無用。
4)
洗濯したくて、カバーを外す場合、アームや背を金具を外し分解する必要があります。日本の常識ではカバーリングタイプとは言えない構造です。
========================================
 どちらのモデルがが良いとか、そういう事ではなく、それぞれの特徴を知って選ぶことが必要でしょう。
1)コンパクトソファ、 両方に共通した問題点ですが、座幅はどちらも狭すぎて感じます。1つの理由はどちらもアーム高が高く圧迫感を感じてしまう事です。どちらもアーム高を下げられないデザイン・構造なので仕方ないのですが。幅を詰める場合、できればアームの厚みも少し薄くして座背の幅をできるだけ大きくしてほしかった。勿論デザイン上、コスト上、難しい事もよ~く分かりますけど。
2)イケアのソファ全体に言えることですが、カバーリングをうたっていても、決して簡単ではありません。洗濯方法等、よく注意して布の収縮に気を付ける必要があります。

その他のカテゴリー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

最近のコメント

家具&木工検索エンジン